インストールの方法

いずれかを選択してください: 簡単インストール | ソースコードから手動でインストール

簡単インストール

注意: この方法は現在 Unix系OS (Linux, OS X, Unix など) でのみ動作します。

簡単インストールを行うためには、コマンドライン上で、インストールしたいディレクトリに移動した後、

$ curl www.enviphp.net/get/envi|sh

このコマンドを実行するだけです。

注意: このコマンドを実行すると、/usr/binenvi コマンドをインストールするためのパスワードを聞いてきます

そして新しいプロジェクトを作成するには単に以下を実行します:

$ envi init-project

これで、カレントディレクトリにあなたが指定したプロジェクト名のフォルダが作成されます。 プロジェクト内の、web ディレクトリは Web サーバの公開領域のディレクトリ、(例えば、public_html, public, htdocs 等)になります。

新しいアプリケーションの開発を始める場合には、

$ envi init-app <アプリケーション名>

と言う形になります。

プロジェクトアプリケーションの関係に関しては、こちらを参考にして下さい。

手動でインストール

この方法はEnvi MVCフレームワークを、基本構成で展開・インストールします。 envi コマンドは、インストールされたディレクトリ内のみで有効となります。

githubのリポジトリから、ファイルを展開する

cd <インストールするディレクトリ>
git clone --recursive git@github.com:EnviMVC/EnviMVC3PHP.git
chmod +x ./envi
php ./envi init-project
php ./envi init-app <アプリケーション名>

あなたのサーバーに、EnviPHP のすべてのパッケージを含む EnviMVC3PHPフォルダを作成します。

Zip ファイルをダウンロードする

  1. Envi MVC フレームワークをダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、展開する
  3. ファイルをサーバへ転送する
  4. 下記コマンドを実行する
cd <Envi MVC フレームワークを転送したディレクトリ>
chmod +x ./envi
php ./envi init-project
php ./envi init-app <アプリケーション名>
プロジェクト内の、web ディレクトリは Web サーバの公開領域のディレクトリ、(例えば、public_html, public, htdocs 等)になります。

ドキュメントルート内にインストールする

すでに説明したように、セキュリティの観点から Web サーバのドキュメントルート内に Enviをインストール しない ことを強く推奨します。 何らかの事情があって、それを来ない対場合(たとえば、Web サーバを再起動せずに新しい(ローカルの)開発環境を素早く構築するため等)

これが必要な場合は、ルートと決めたフォルダに EnviPHP をインストールします。 その後、web フォルダに移動し、すべてのファイルを1つ上の階層に移動したあと、webフォルダを削除します。webフォルダの目的は、フロントコントローラーである<アプリ名>.phpファイルを置くことだけです。

設定

アプリケーションごとの設定は、 ./config/ 内にまとまっています。 フロントコントローラーに関する設定は、フロントコントローラーに直接書かれています。

環境を設定する

デフォルトでは、環境は開発モードにセットされています。 Envi は環境を使用して、使用するデータベース設定など、各環境で異なる項目を定義します。

環境を設定するには、Enviインストールディレクトリの、./env/ServerStatus.confを変更するか、フロントコントローラーに記載されている、環境ファイルへのパスを書き換えます。