用語の説明

アプリケーション

MVCを行う最大単位。

基本的に、同じプロジェクト内であってもアプリケーション間の行き来はしません。

プロジェクト と アプリケーション

小規模な開発では、お互いに依存をしないが同じサーバーで動作するような、アプリケーションの開発を行うことがあります。

小規模ではなくても、エンドユーザー用のツールと、管理用のツール。それぞれが別なサーバーで動作していたとしても、プロジェクトとしては同じ階層で扱いたい場合が多い。(たとえば、同じリポジトリで管理したい等)

つまりは、複数のサイトを一つのプロジェクトで管理したい。複数のサイトを一つのリポジトリで管理したい。

そういった欲求をかなえてくれるのが、MVC構造の一つ上にあたる、プロジェクト、アプリケーション構造です。

アプリケーションは ./apps/ ディレクトリ配下に作成され、それぞれ別の設定ファイルと、別のディスパッチャーを持ちます。

そのため、事実上は全く関係の無い、webアプリケーションとして動作します。

アプリケーション間で共通のライブラリを使用したい場合など(テンプレートレンダリングエンジンなど)は、appよりも上の階層か、Enviのプロジェクトの外へ配置して下さい。

プロジェクト

Envi MVCフレームワーク最大の単位です。

手動インストールを行った場合は、Envi自体もプロジェクトに含まれます。

アプリキー

アプリケーションの名前。 アプリケーションディレクトリは プロジェクトディレクトリ/apps/{アプリキー} となり、 アプリケーション設定ファイルは、 {アプリキー}.yml となる。 各種、ディレクトリの命名規則は、変更可能だが、アプリキーに関する上記条項だけは変更できない。